線形代数と群の表現  2

平井武 著

必要なときに無駄なく「線形代数」の知識を学習しながら、アーベル、ガロアから始まったとされる「群の理論」を学び、群の本質は、それがある対象に「作用する」ことであることを、種々の具体例から会得して、群の「作用」の数学的純化としての「群の表現」の理論を、現代の物理学など自然科学への応用例を具体的に計算することを通して実感的に体得する。そして、これらを通して、現代数学における群やリー環の「表現論」を理解する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 非ユークリッド空間・ユークリッド空間と物理学(球面および楕円型非ユークリッド空間の運動群
  • ミンコフスキー空間、ロバチェフスキー空間とローレンツ群
  • 線形代数基礎 ほか)
  • 関数への群作用と群のユニタリ表現(ベクトル値関数への群作用と1‐コサイクル
  • 線形代数中級
  • "積分"に対する群作用、それから生ずるユニタリ表現)
  • 群の表現論と現代物理学(表現論中級
  • 表現論過去・現在
  • ローレンツ群・ユニタリ群と現代物理学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 線形代数と群の表現
著作者等 平井 武
書名ヨミ センケイ ダイスウ ト グン ノ ヒョウゲン
書名別名 Senkei daisu to gun no hyogen
シリーズ名 すうがくぶっくす / 森毅, 斎藤正彦, 野崎昭弘 編 21
巻冊次 2
出版元 朝倉書店
刊行年月 2001.11
ページ数 484, 13p
大きさ 21cm
ISBN 4254114974
NCID BA54434846
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20218271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想