死生観を問いなおす

広井良典 著

社会の高齢化にともない、「死」という現象が身近で日常的なものになっていく。「死そのもの」をどうとらえるか、どのような死生観を自分のものとするかということが、今後の切迫したテーマとなる。個々の生や死が、宇宙や生命全体の流れの中で、どのような位置にあり、どのような意味をもっているのか。「時間とは何か」を問いながら、死生観について考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 死生観と時間
  • 第1の旅 現象する時間と潜在する時間
  • 第2の旅 老人の時間と子どもの時間
  • 第3の旅 人間の時間と自然の時間
  • 第4の旅 俗なる時間と聖なる時間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死生観を問いなおす
著作者等 広井 良典
書名ヨミ シセイカン オ トイナオス
書名別名 Shiseikan o toinaosu
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.11
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4480059172
NCID BA54427090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20226953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想