共感と道徳性の発達心理学 : 思いやりと正義とのかかわりで

M.L.ホフマン 著 ; 菊池章夫, 二宮克美 訳

人と人とのつながりが弱くなったり・壊されたりすることの多い現今、こうしたつながりを回復するにはどうしたらよいのだろうか。共感と道徳性の発達研究の世界的権威であるホフマンが、この点をめぐっての30年にわたる研究と思索の結果をまとめたライフワーク。共感とは、「自分の置かれた状況よりも他人の置かれた状況にふさわしい感情」であるが、この感情が人と人とのつながりを生み出す。ホフマンはこのことを、5つの道徳的出会いの場面と5つの共感喚起の様式について発達的に検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 罪のない傍観者
  • 2部 違背
  • 3部 仮想の違背
  • 4部 共感だけで十分か
  • 5部 共感と道徳的原理
  • 6部 文化
  • 7部 介入

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共感と道徳性の発達心理学 : 思いやりと正義とのかかわりで
著作者等 Hoffman, Martin L
二宮 克美
菊池 章夫
ホフマン マーチン・L
書名ヨミ キョウカン ト ドウトクセイ ノ ハッタツ シンリガク : オモイヤリ ト セイギ トノ カカワリ デ
書名別名 Empathy and moral development
出版元 川島書店
刊行年月 2001.10
ページ数 361p
大きさ 22cm
ISBN 4761007451
NCID BA54426473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20222825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想