今なぜ戦後補償か

高木健一 著

日本の「戦後」は本当に終わったのか-アジア・太平洋地域に今も残る戦争被害者への補償を終えることによって、初めて日本は世界における真の名誉と信用を得ることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私と「戦後補償」問題(サハリンに残された人々
  • 戦争被害者個人への補償)
  • 第2章 アジア・太平洋地域の被害者-消せない記憶と証言(「証言」による歴史
  • 各地域の元「慰安婦」の証言 ほか)
  • 第3章 世界の国々の「戦後補償」(「過去の克服」への道-ドイツ
  • 訂正する民主主義-アメリカ ほか)
  • 第4章 戦争の後始末をする-国際社会のなかで補償の筋道を立てる(第一次世界大戦の後始末をする
  • 戦争の違法化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今なぜ戦後補償か
著作者等 高木 健一
書名ヨミ イマ ナゼ センゴ ホショウ カ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2001.11
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 406149578X
NCID BA54421152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20222253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想