腸内フローラと生活習慣病 : 食生活とのかかわり

光岡知足 編

[目次]

  • 1 ヒトの健康における腸内フローラコントロールの意義
  • 2 プロバイオティクス・プレバイオティクスによる免疫制御
  • 3 乳酸菌による大腸癌の予防
  • 4 フリーラジカルと生活習慣病-特に癌予防食の立場から
  • 5 血清脂質レベル低下における乳酸菌および腸内細菌の役割
  • 6 生活習慣病予防とミネラル栄養
  • 7 乳酸菌の経口投与による1型糖尿病モデルマウスに対する効果
  • 8 ビフィズス菌発酵乳投与による潰瘍性大腸炎増悪予防のための無作為割付臨床試験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 腸内フローラと生活習慣病 : 食生活とのかかわり
著作者等 光岡 知足
書名ヨミ チョウナイ フローラ ト セイカツ シュウカンビョウ : ショクセイカツ トノ カカワリ
書名別名 Chonai furora to seikatsu shukanbyo
シリーズ名 腸内フローラシンポジウム 第9回
出版元 学会出版センター
刊行年月 2001.11
ページ数 199p
大きさ 22cm
ISBN 4762229881
NCID BA54417224
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20218141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想