芸術と実生活

平野謙 著

日本近代文学固有の産物、私小説とは何か。作家たちは芸術の理想と実生活の現実とのギャップにどう対処したのか。この二律背反の観点から、自然主義を淵源とする私小説・心境小説を分析し、鴎外・花袋・藤村・秋声・荷風・志賀・漱石らの私生活と作品の相関を追究した本書は、文学研究の流れを方向づけた、戦後の私小説論の一大到達点である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問題の発端
  • 私小説の二律背反
  • 森鴎外
  • 田山花袋
  • 島崎藤村
  • 徳田秋声
  • 永井荷風
  • 志賀直哉
  • 夏目漱石
  • 演技説修正
  • 被害者と加害者
  • 芸術家の自由
  • 日常性の快復
  • 愛とエゴイズム
  • 疵は癒されるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸術と実生活
著作者等 平野 謙
書名ヨミ ゲイジュツ ト ジッセイカツ
書名別名 Geijutsu to jisseikatsu
シリーズ名 岩波現代文庫 : 文芸
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.11
ページ数 383p
大きさ 15cm
ISBN 4006020430
NCID BA54416458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20226934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想