結核という文化

福田眞人 著

結核は人類の歴史とともに古くから存在し、新旧両大陸で痕跡が見つかっている。その古い病気が、突然一九世紀から二〇世紀前半を代表する病となった。貧困の中の悲惨な死という現実とは対照的な、佳人薄命を尊ぶロマン化現象、天才芸術家の宿命という伝説、療養所を舞台とするサナトリウム文学などの登場が、その時代の文化を色どっている。古今東西の実例を紹介しつつ、病からみた斬新な文化史の構築を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 病の運命-三つのエピソードから
  • 2 西洋の結核の歴史-古代から中世へ
  • 3 中国と日本の結核の記録
  • 4 近代の結核療法の登場
  • 5 細菌学の時代
  • 6 近代化と産業革命・殖産興業
  • 7 肺病のロマン化
  • 8 サナトリウムという新しい舞台
  • 9 結核患者の群像
  • 10 結核は過去の病気ではない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 結核という文化
著作者等 福田 真人
書名ヨミ ケッカク ト ユウ ブンカ : ヤマイ ノ ヒカク ブンカシ
書名別名 病の比較文化史

Kekkaku to yu bunka
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2001.11
ページ数 269p
大きさ 18cm
ISBN 4121016157
NCID BA5441531X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20230642
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想