「不可触民」と教育 : インド・ガンディー主義の農地改革とブイヤーンの人びと

大橋正明 著

本書は、インド独立の父と呼ばれるマハートマー・ガンディーが提唱したサルボーダヤ運動から生まれた、ビハール州のボードガヤーにある農村開発と教育を手がけるインドのNGO「サマンバヤ・アーシュラム」が提供するサービス、特に教育が、かつて「不可触民」と呼ばれていたカーストの子どもたちの半生に、どのようなインパクトをもたらしたかを追求したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブイヤーン:取り残された、声なき人々
  • 第2章 サルボーダヤ運動、ブーダーン運動、そしてサマンバヤ・アーシュラム
  • 第3章 「不可触民」の子どもたちの学校バグハー・スクール
  • 第4章 卒業生たちの四半世紀
  • 第5章 バグハー・スクールの第一期生から第三期生の現況リスト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「不可触民」と教育 : インド・ガンディー主義の農地改革とブイヤーンの人びと
著作者等 大橋 正明
書名ヨミ フカショクミン ト キョウイク : インド ガンディー シュギ ノ ノウチ カイカク ト ブイヤーン ノ ヒトビト
書名別名 Fukashokumin to kyoiku
シリーズ名 世界人権問題叢書 42
出版元 明石書店
刊行年月 2001.11
ページ数 242p
大きさ 20cm
ISBN 4750314870
NCID BA54403864
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20236088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想