思想と風俗

戸坂潤 著

思想は風俗の形をとることで社会における肉体的リアリティをもつ-先駆的な方法意識の下、映画、教育、宗教等の風俗現象を通じて同時代・1930年代日本を批判。獄死した哲学者の苦闘。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 風俗(風俗の考察
  • 映画の写実的特性と風俗性及び大衆性
  • 文芸と風俗 ほか)
  • 第2部 教育風俗(教育と啓蒙
  • 教育と教養
  • 作家の教養の問題 ほか)
  • 第3部 宗教風俗(新興宗教について
  • 宗教のインチキ性とは何か
  • 諷刺としての邪教 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想と風俗
著作者等 戸坂 潤
林 淑美
書名ヨミ シソウ ト フウゾク
書名別名 Shiso to fuzoku
シリーズ名 東洋文庫
出版元 平凡社
刊行年月 2001.11
ページ数 440p
大きさ 18cm
ISBN 458280697X
NCID BA5440225X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20226968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想