東国の南北朝動乱 : 北畠親房と国人

伊藤喜良 著

「関東は戎夷なり」といわれた東国へ、果敢に身を投じた上流貴族北畠親房。彼は東国に何をもたらしたか。結城・宇都宮など有力豪族の動向や、鎌倉府などの成立過程を辿り、親房と東国武士にとっての南北朝動乱を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天下時勢粧-プロローグ
  • 貴種の下向(東国とは
  • 建武政権と東国・奥羽
  • 奥州小幕府)
  • 東国の覇権をめぐって(鎌倉府攻勢へ
  • 若御前鎌倉へ
  • 東国の南朝
  • 親房の思想)
  • 退勢挽回にかける(虚構の中の親房
  • 吉野と親房
  • 東国武士と常陸合戦)
  • 東国の国人(国人と国人一揆
  • 生き残りをかけて
  • その後の東国と奥羽)
  • 北畠親房と東国武士-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東国の南北朝動乱 : 北畠親房と国人
著作者等 伊藤 喜良
書名ヨミ トウゴク ノ ナンボクチョウ ドウラン : キタバタケ チカフサ ト コクジン
書名別名 Togoku no nanbokucho doran
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 131
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2001.12
ページ数 209p
大きさ 19cm
ISBN 4642055312
NCID BA54384180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20220089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想