日本に農業は生き残れるか : 新基本法に問う

田代洋一 著

グローバリゼーション、新自由主義のもとで、"持続的農業"というシステムそのものが危機にさらされているなか登場した「食料・農業・農村基本法」(新基本法)。具体的な姿をとりはじめた新基本法農政をリアルにみつめ、日本農業のこれからを鋭く問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 農業問題の世紀的転換
  • 第2章 価格政策から経営安定対策へ
  • 第3章 構造政策と地域
  • 第4章 条件不利地域農業
  • 第5章 農業協同組合
  • 第6章 WTO農業交渉と食料主権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本に農業は生き残れるか : 新基本法に問う
著作者等 田代 洋一
書名ヨミ ニホン ニ ノウギョウ ワ イキノコレルカ : シン キホンホウ ニ トウ
書名別名 Nihon ni nogyo wa ikinokoreruka
出版元 大月書店
刊行年月 2001.11
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 4272150324
NCID BA54373107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20215940
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想