監察医が聞いた死体の祈り

上野正彦 著

死は怖くない、別れが怖いのだ。二万体の死体をみた監察医が綴った生きる意味。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 虐待死の本当の切なさ
  • 発見されなかった遺書
  • 殺して悔いのない愛憎死
  • きれいな死に顔の意味
  • 誰も知らない死体の種類
  • 過労死の無情
  • 親を殺した後…
  • 見えない死体の重さ
  • 腹上死で死ぬ男、生き残る女
  • 「死ぬ」瞬間の快楽
  • 中絶死という検死
  • 報われない愛の形
  • 交通事故死の悲痛な叫び
  • 未解決死体の末路
  • もう一人の被害者
  • 人を助けるという本能
  • 自殺という他殺死体
  • 餓死死体の孤独
  • 老衰で死にゆく
  • 笑顔という幸福

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 監察医が聞いた死体の祈り
著作者等 上野 正彦
書名ヨミ カンサツイ ガ キイタ シタイ ノ イノリ
書名別名 Kansatsui ga kiita shitai no inori
出版元 青春出版社
刊行年月 2001.12
ページ数 207p
大きさ 20cm
ISBN 4413033043
NCID BA54371098
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20217794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想