根をもつこと、翼をもつこと

田口ランディ 著

根とはルーツだ。ルーツのない人間はいない。誰もが誰かの子供であり、親にはその親がいて、またその親がいて…延々と過去へと繋がっている。翼とは意識だ。飛翔し、想像する力。イメージし、自由に夢想する力。根をもつこと、翼をもつこと。そのことを思い出し、それに支えられるなら、人はどのような環境においても、この世界にしっかりと関与して生きていける。たとえ私が限りなく変わり続けようとも、根があるから戻ってこれる。たとえ私がある場所に縛りつけられても、翼があれば自由だ。困難な時代においても、未来をおそれずに生きる人に捧げる、ピュアな言葉の花束。『できればムカつかずに生きたい』で第一回婦人公論文芸賞を受賞した作者による、待望のエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 真夏の夜の夢
  • 死のなかにある命
  • カンボジアで考えたこと
  • 成人式のこと
  • 酔っ払い天国
  • 命の価値基準
  • 『アメリカン・サイコ』と児童殺傷事件
  • えひめ丸の事故に思う
  • 報道って何だろう?
  • 神様の結び目〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 根をもつこと、翼をもつこと
著作者等 田口 ランディ
書名ヨミ ネ オ モツ コト ツバサ オ モツ コト
出版元 晶文社
刊行年月 2001.10
ページ数 292p
大きさ 19cm
ISBN 4794965109
NCID BA54370787
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20213067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想