プラハを歩く

田中充子 著

ロマネスクの教会、ゴシックの大聖堂から、アール・ヌーヴォーのアパート、キュビズムの住宅に至るまで、時の流れに抗していくつもの建築様式を残してきた街、プラハ。その独特の魅力をさがして街を歩いてみよう-街並みと人々を語りながら、随所に建築史家の目が光る、ユニークな案内書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 城-木と石の技術
  • 第2章 旧市街-石の暮らし
  • 第3章 城下町-スタッコの装飾と芸術
  • 第4章 新市街-都市の空間
  • 第5章 郊外-鉄とレンガとコンクリートのデザイン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラハを歩く
著作者等 田中 充子
書名ヨミ プラハ オ アルク
書名別名 Puraha o aruku
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.11
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 4004307570
NCID BA54356094
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20228508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想