市民工学としてのユニバーサルデザイン : 土木におけるバリアフリー最前線

吉川勝秀 編著

本書は、土木分野のユニバーサルデザイン、バリアフリーの実践について述べたもの。まちづくりや道路、河川、公園、鉄道、港湾等の社会インフラの整備や管理の現場で働く土木技術者(=シビル・エンジニア、市民技術者)が、バリアフリー、ユニバーサルデザイン、ノーマライゼーションの思想や具体の実践事例を知り、子供と大人も、高齢者も障害者も共に暮らす社会を実現するために行動することを願う本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 ユニバーサルデザイン、バリアフリーの目指すもの(バリアフリーの意味とこれからの方向
  • 海外のバリアフリーに係る法制度(アメリカ、イギリスおよびスウェーデンの事例)
  • バリアフリー歩行空間ネットワーク整備への取組み(誰もが安全で快適に利用できる歩行空間を目指して)
  • ユニバーサルデザインによるまちづくり・みちづくり ほか)
  • 第2編 先進的な取組み事例(PI方式による歩道のバリアフリー対策
  • 「ひろこく」のやさしい道づくり
  • 歩道のユニバーサルデザイン
  • 立川駅南北駅前地区のまちづくりとバリアフリー ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市民工学としてのユニバーサルデザイン : 土木におけるバリアフリー最前線
著作者等 吉川 勝秀
書名ヨミ シミン コウガク ト シテノ ユニバーサル デザイン : ドボク ニ オケル バリア フリー サイゼンセン
出版元 理工図書
刊行年月 2001.11
ページ数 186p
大きさ 26cm
ISBN 4844606697
NCID BA54330738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20224992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想