応用行政法

村上武則 編

本書は、現実の行政の法律問題の解決に応用の利く行政法の体系づくりを目指すものである。とくに憲法の諸原則、とりわけ人権の保障原理が、具体的な行政のレベルでどう展開されなければならないかを叙述している。すなわち、具体的な行政目的との関連において、国家と国民との間において、どのように権利・義務関係(法関係)が発生・消滅・変更するかを中心に描いたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 中間行政法(給付行政法
  • 監察行政法
  • 海の管理行政法
  • 災害行政法)
  • 第2部 行政法各論(警察行政
  • 防衛行政
  • 国土の開発・土地利用規制行政
  • 公用負担行政
  • 公物管理行政
  • 環境行政
  • 社会保障行政
  • 医事・衛生行政
  • 経済活動の規制行政
  • 交通行政
  • 教育行政
  • 財政)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 応用行政法
著作者等 村上 武則
書名ヨミ オウヨウ ギョウセイホウ
書名別名 Oyo gyoseiho
出版元 有信堂高文社
刊行年月 2001.10
版表示 第2版.
ページ数 322, 10p
大きさ 21cm
ISBN 4842015101
NCID BA54324939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20222028
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想