英語襲来と日本人 : えげれす語事始

斎藤兆史 著

ある日、英語がやってきた。日本人は英語に目覚めた。そして-。巷には英語都々逸が流れ、英語私塾が乱立した幕末・明治時代。福沢諭吉、夏目漱石らの知的エリートや、商人、芸者たちの英語との格闘。英語をめぐる日本人の苦悶と狂乱の400年を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 福沢・新渡戸・夏目の英語受容史
  • 第1章 江戸時代の英語
  • 第2章 明治時代の英語
  • 第3章 大正・昭和・平成の英語
  • 第4章 これからの英語
  • エピローグ 日本人の学びの知恵

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語襲来と日本人 : えげれす語事始
著作者等 斎藤 兆史
書名ヨミ エイゴ シュウライ ト ニホンジン : エゲレスゴ コトハジメ
書名別名 Eigo shurai to nihonjin
シリーズ名 講談社選書メチエ 226
出版元 講談社
刊行年月 2001.11
ページ数 194p
大きさ 19cm
ISBN 4062582260
NCID BA54318641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20237616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想