脳 : 回路網のなかの精神 : ニューラルネットが描く地図

M.シュピッツァー 著 ; 村井俊哉, 山岸洋 訳

言語・記憶・学習から精神病理まで神経科学/情報理論によるアプローチ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 原理(大脳皮質の地図
  • 中間層
  • 神経の可塑性
  • フィードバック)
  • 応用(知識を貯蔵する
  • 意味ネットワーク
  • 病める精神
  • 思考と印象)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳 : 回路網のなかの精神 : ニューラルネットが描く地図
著作者等 Spitzer, M.
Spitzer, Manfred
山岸 洋
村井 俊哉
シュピッツァー マンフレート
書名ヨミ ノウ : カイロモウ ノ ナカ ノ セイシン : ニューラル ネット ガ エガク チズ
書名別名 Geist im Netz
出版元 新曜社
刊行年月 2001.11
ページ数 364p
大きさ 22cm
ISBN 478850782X
NCID BA54309221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20222208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想