人口成長と経済発展 : 少子高齢化と人口爆発の共存

山口三十四 著

人口増加、経済発展と環境問題は現在の世界的トピックスの1つとなっている。それゆえ、人口成長と経済発展との関係を理解することはきわめて重要なことである。本書は、初めて人口と経済発展の関係についての歴史、理論、実証および政策の4つの体系化を行った研究書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 楽観的人口論と悲観的人口論(世界人口の成長過程
  • 楽観的人口論と悲観的人口論)
  • 第2部 人口の理論的研究(人口と技術進歩の網引競争
  • 人口と社会・経済の相互依存関係
  • 過剰人口論と過少人口論)
  • 第3部 人口の実証的研究(日本の出生率の計量的分析
  • 日本の人口成長と経済発展
  • タイの人口成長と経済発展
  • 神戸市の人口成長と経済発展)
  • 第4部 人口の積極的作用と人口政策(人口の積極的作用と経済発展
  • 出生率低下と経済停滞
  • 出生率促進政策と低出生率の本質)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人口成長と経済発展 : 少子高齢化と人口爆発の共存
著作者等 山口 三十四
書名ヨミ ジンコウ セイチョウ ト ケイザイ ハッテン : ショウシ コウレイカ ト ジンコウ バクハツ ノ キョウソン
書名別名 Jinko seicho to keizai hatten
出版元 有斐閣
刊行年月 2001.11
ページ数 312p
大きさ 22cm
ISBN 4641161380
NCID BA54295750
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20216005
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想