音楽と文学の間 : ドッペルゲンガーの鏡像

ヴァレリー・アファナシエフ 著 ; 平野篤司, 明比幸生, 飯沼隆一 訳

作家としても知られる異端のピアニストのジャンルを越えたエッセー集。書下ろし+未邦訳を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 音楽と文学の間(最期の時-ブラームスとチェーホフ
  • 内部の鏡-ベートーヴェンとトルストイ ほか)
  • 2 地獄に堕ちたシューベルト(シューベルト
  • 白の恐怖-ソナタ作品78 ほか)
  • 3 鏡の中-晩年(時代と鏡-ムソルグスキー
  • 静寂-ブラームス晩年の作品 ほか)
  • 4 オマージュ-愛の対象(ソフロニツキー讃
  • スヴャトスラフ・リヒテルへのオマージュ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽と文学の間 : ドッペルゲンガーの鏡像
著作者等 Afanassiev, Valéry
小沼 純一
川村 二郎
平野 篤司
明比 幸生
浅田 彰
飯沼 隆一
Afanassiev Valery
アファナシエフ ヴァレリー
書名ヨミ オンガク ト ブンガク ノ アイダ : ドッペルゲンガー ノ キョウゾウ
書名別名 Between Music and literature

Ongaku to bungaku no aida
出版元 論創社
刊行年月 2001.10
ページ数 253p
大きさ 22cm
ISBN 484600290X
NCID BA54257354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20293099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想