マンガの社会学

宮原浩二郎, 荻野昌弘 編

社会学者、文学研究者、マンガ評論家が集まって、社会現象としてのマンガについて侃々諤々。オタクでもマニアでもないあなたへ贈る、ゼミ必携、卒論OK、楽しくってためになる、「マンガの社会学」誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 知的触媒としてのマンガ
  • 第2章 マンガとマンガ批評-理論と作品の関係の解体に向けて
  • 第3章 分身-少女マンガの中の「もう一人の私」
  • 第4章 マンガを社会学する
  • 第5章 誰のためのマンガ社会学-マンガ読者論再考
  • 第6章 「少女」という読者
  • 第7章 マンガのリミット-小林よしのり=『ゴーマニズム宣言』をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンガの社会学
著作者等 宮原 浩二郎
荻野 昌弘
書名ヨミ マンガ ノ シャカイガク
書名別名 Manga no shakaigaku
出版元 世界思想社
刊行年月 2001.11
ページ数 284p
大きさ 19cm
ISBN 4790709019
NCID BA54251278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20242391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想