手仕事の生活道具たち

片柳草生 著

漆の器や箸、匙の口当たりの優しさ。ひとつとして同じものはない、宙吹きガラス器の豊かな個性。竹や樹皮でつくられた籠のやすらぎ。鋏や銀の耳掻きの硬質な手触り…。自然素材でつくられた道具は、地球にやさしく、人にも心地よい。伝統の手法を継ぎながら、いまの暮らしにも合うように工夫がなされている。そんな様々な道具から、使いやすい丈夫なものを紹介する珠玉のエッセイ。実用を重視すると、シンプルで美しい雑貨に辿りつく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 毎日使う、塗りもの
  • 2 ガラスのときめき
  • 3 金もののたたずまい
  • 4 竹が好き
  • 5 土ものと石もの
  • 6 樹から生まれて
  • 番外編 伝えたい美しい布仕事二つ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 手仕事の生活道具たち
著作者等 片柳 草生
小林 庸浩
書名ヨミ テシゴト ノ セイカツ ドウグタチ
書名別名 Teshigoto no seikatsu dogutachi
出版元 晶文社
刊行年月 2001.11
ページ数 221, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4794965095
NCID BA54224570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20219697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想