ナノエレクトロニクスと計算科学

白石賢二, 伊藤智徳, 影島博之 共著 ; 電子情報通信学会 編

本書は、原子レベルで材料・プロセスを理論設計する際に必要な計算科学の基礎について解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに(ナノデバイスと計算科学
  • 「ナノスケールの計算科学的手法」で何が分かるか)
  • 第2章 計算方法(経験的原子間ポテンシャル
  • 動的計算手法 ほか)
  • 第3章 計算科学によって得られる物質の基本的諸性質(構造安定性
  • 熱力学的安定性 ほか)
  • 第4章 ナノエレクトロニクスへの応用(シリコンの酸化現象と酸化膜の膜質向上への原子レベル計算によるアプローチ
  • エピタキシャル成長への原子レベル計算によるアプローチ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナノエレクトロニクスと計算科学
著作者等 伊藤 智徳
影島 博之
白石 賢二
電子情報通信学会
電子通信学会
書名ヨミ ナノエレクトロニクス ト ケイサン カガク
書名別名 Computational science in nanoelectronics
出版元 電子情報通信学会 : コロナ社
刊行年月 2001.11
ページ数 150p
大きさ 22cm
ISBN 4885521831
NCID BA54203286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20308164
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想