グリム・メルヘン集

ヤコブ・グリム, ヴィルヘルム・グリム 採話 ; フローチャー美和子 訳

世紀を超えて世界じゅうの人々に読み継がれているグリム・メルヘンは、1812年のクリスマスにはじめて出版されてから、1857年の最終版にいたるまで、グリム兄弟によって何度も手直しされてきた。本書は、民衆のメルヘンを集めはじめた当初の、聞き取ったまま、また古い本から写し取ったままの手稿をまとめた最古のメルヘン集。初版本では公表されなかったものも含まれ、手を加えていない、グリム・メルヘンの源泉に出会える1冊。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グリム・メルヘン集
著作者等 Frotscher, Miwako
Grimm, Jacob
Grimm, Wilhelm
グリム ヴィルヘルム
フローチャー 美和子
グリム ヤコブ
書名ヨミ グリム メルヘンシュウ : ショハン イゼン
書名別名 Die älteste märchensammlung der brüder Grimm

初版以前
出版元 東洋書林
刊行年月 2001.11
ページ数 215p
大きさ 21cm
ISBN 4887215649
NCID BA54162757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20272832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
いろいろ皮
きつねときつね奥様
つぐみひげの王様
ねこっことねずみっこ
ねずみくんと焼きソーセージ
まま母
わらくんと石炭さんと豆ちゃん
オオカミ
コルベスさん
シラミちゃんとノミくん
スズメのはなし
ドラゴン
ナイチンゲールと盲のスモモ
ネズミの皮の王女
ファルフレンシェンの頭の話
ヘンデ氏
マリア様がお守りになった子ども
マーモット/チンチラ
メルヘン 口のきけない少女
メルヘン 見つけて拾って育てた子、悪い料理女
ヨハネス-水から飛び出た子とカスパー-水から飛び出た子
ルンペンストゥンツヘン(騒々しい妖怪)
三羽のカラス
二人の煙突掃除屋の若者(ほうき作りの若者)
仕立て屋の親指小僧
十二人兄弟とその妹
家具職人とろくろ屋
年老いた魔女
忠実な名親のスズメ
月とそのおかあさん
水の精
漁師とその満足しない妻
灰そうじ娘
王、仕立て屋、一角獣、イノシシ
王の三人の息子(阿呆)
王の娘と魔法にかけられた王子 かえるの王様
男の子と女の子のきょうだい(ヘンゼルとグレートちゃん)
白いハト
白鳥の王女
盗まれたヘラー金貨
盗賊の婿
良く効く絆創膏
英国王、千夜一夜物語
血入りソーセージ
親指小僧
貧しい娘
金のアヒル
金のガチョウ
阿呆
雪白ちゃん/不幸な子ども
黄金の雄鹿
黄金の鳥
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想