天才博士の奇妙な日常

C.A.ピックオーバー 著 ; 新戸雅章 訳

三という数字にとりつかれたテスラ(交流電力システムを完成させた発明家)、ネズミの背中を何時間も撫で続けたベンサム(功利主義の創始者)、仇敵ハエとの闘いに命をかけたカーワン(科学的天気予報の開拓者)、うだるように暑い部屋に引きこもり、小鳥を友としたヘヴィサイド(電離層の存在を予言した物理学者)-奇癖に囚われた天才科学者の生涯にまつわるエピソード。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 プロファイル(マンハッタンのハト男-ニコラ・テスラ
  • デヴォンシャーの虫男-オリヴァー・ヘヴィサイド
  • リッチフィールドのウサギ食い男-サミュエル・ジョンソン
  • ゴールウェイのハエ男-リチャード・カーワン
  • ロンドンのネズミ男-ジェレミー・ベンサム
  • ロンドンの羊男-ヘンリー・キャベンディッシュ
  • バーミンガムの挫けた脳-フランシス・ゴールトン
  • コーンウォール・ガーデンの氷男-ジェフリー・パイク)
  • 2 フィナーレ(ささやかな狂気)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天才博士の奇妙な日常
著作者等 Pickover, Clifford A
新戸 雅章
ピックオーバー クリフォード・A.
書名ヨミ テンサイ ハカセ ノ キミョウナ ニチジョウ
書名別名 Strange brains and genius

Tensai hakase no kimyona nichijo
出版元 勁草書房
刊行年月 2001.10
ページ数 298p
大きさ 20cm
ISBN 4326248319
NCID BA54116476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20211003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想