機能を中心とした図説組織学

B.Young, J.W.Heath ほか著 ; 山田英智 監訳 ; 山田英智 ほか訳

本書は、生理学・生化学および分子生物学の基礎となる原理と結びつけて組織学を論じることを目的とした。本の体裁が許す限り、多数の適切な顕微鏡写真や図版などを使って組織学の説明をすることにより、講堂や組織実習室での雰囲気を作り出すことに努めた。そのために、カラー写真を使い、これによって顕微鏡下に見えるとおりの像を再現し、また組織構造の分別に普段使われる染色方法の多様さをも示した。さらに、あまり一般的でない技法、例えば免疫組織化学的手法などが、それぞれ適当な場所で紹介されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 細胞(細胞の構造と機能
  • 細胞周期と細胞複製)
  • 第2部 基本となる組織(血液
  • 結合(支持)組織
  • 上皮組織
  • 神経組織)
  • 第3部 器官系(循環器系
  • 皮膚
  • 骨格系組織
  • 免疫系
  • 呼吸器系
  • 口腔内組織
  • 消化管
  • 肝臓と膵臓
  • 泌尿器系
  • 内分泌腺
  • 男性生殖器系
  • 女性生殖器系
  • 中枢神経系
  • 感覚器)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 機能を中心とした図説組織学
著作者等 Heath, John W
Heath, John W., PhD
Young, Barbara
Young, Barbara, PhD
山田 英智
廣澤 一成
澤田 元
石川 春律
広沢 一成
Heath John W.
書名ヨミ キノウ オ チュウシン ト シタ ズセツ ソシキガク
書名別名 Wheater's functional histology. (4th ed.)
出版元 医学書院
刊行年月 2001.7
版表示 第4版.
ページ数 436p
大きさ 30cm
ISBN 4260100726
NCID BA54105287
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20225915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想