芸能の足跡 : 郡司正勝遺稿集

郡司正勝 著

昭和戦後の歌舞伎研究に画期的な方法を導入して幾多の成果を挙げ、"郡司学"とまで称された著者晩年の豊かな穣りの景色。待望の遺稿集。歌舞伎を軸に古代の舞踊から能や民俗芸能、また日本文化の心意伝承に及ぶ珠玉の論考を一巻に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 芸能の足跡
  • 近世演劇の誕生
  • 劇場を読む
  • 江戸の発想
  • かぶきと能の変身・変化
  • かぶき演出のなかの儀礼
  • 元禄江戸かぶきが生んだ「打擲事」
  • かぶきと色子
  • 黒衣論-黒は影か
  • 歌舞伎衣裳の色彩〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸能の足跡 : 郡司正勝遺稿集
著作者等 郡司 正勝
須永 朝彦
書名ヨミ ゲイノウ ノ アシアト : グンジ マサカツ イコウシュウ
出版元 柏書房
刊行年月 2001.11
ページ数 446p
大きさ 20cm
ISBN 4760121560
NCID BA54088643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20213546
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想