フェミニズムと科学/技術

小川眞里子 著

「科学の客観性」の意味が問い直される現在、「過去の科学」が規定した「女性の本質」がいまなお信じられている。一方、科学/技術に女性がいかに貢献し、何ゆえ貢献を妨げられたのかは、闇に葬られてきた。その知られざる歴史と日本の女子教育の考察を通して、科学/技術と人間が良い発展をとげるためには何が必要か、を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 科学的「発見」とは
  • 1 問題意識の芽生えと確立
  • 2 科学における女性
  • 3 日本の女性科学技術者
  • 4 科学知識とジェンダー
  • 5 "女性問題"から"科学問題"へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フェミニズムと科学/技術
著作者等 小川 真里子
書名ヨミ フェミニズム ト カガク ギジュツ
シリーズ名 双書科学/技術のゆくえ
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.11
ページ数 212p
大きさ 19cm
ISBN 4000266365
NCID BA54088508
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20224381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想