宮本常一が見た日本

佐野眞一 著

戦前から高度成長期にかけて、日本じゅうの村という村、島という島を歩き、そこに生きる人びとの生活を記録した宮本常一は、人をとろかすような笑顔と該博な知識をもって地域振興策を説き、人びとに誇りと勇気を与えつづけた。宮本が残した厖大な資料をもとに、第一級のノンフィクション作家である著者が日本各地を取材、そのまなざしの行方を追い、いまこそ求められている宮本的「経世済民」思想と行動の全容を綴る。読者に深い感銘を与えた大宅賞受賞作『旅する巨人』の続編作品。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 旅する巨人を生んだ島
  • 父から受けた十カ条
  • 民俗学者の誕生
  • 旅のスタイル
  • 海から見た日本
  • 庶民へのアプローチ
  • 食糧確保の使命
  • 山河への憧憬
  • 農業のプロとして
  • 離島振興にかける
  • 記録する精神
  • 孤島のダイナミズム
  • 地域芸能への思い
  • 路上観察者の眼
  • 日本人が忘れたもの
  • 官僚たちが語る宮本常一

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮本常一が見た日本
著作者等 佐野 真一
書名ヨミ ミヤモト ツネイチ ガ ミタ ニホン
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2001.10
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 4140806397
NCID BA54083173
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想