デリダと肯定の思考

カトリーヌ・マラブー 編 ; 高橋哲哉, 増田一夫, 高桑和巳 監訳

ジャック・デリダの哲学とは何か?フーコー、ドゥルーズ亡きあと、なおも変貌を遂げつづける現代フランス最高の哲学者J・Dをめぐるさまざまな角度からの十六の論考。デリダ自身の論考をふくみ、ブランショ、ナンシー、リオタール、アガンベン、ラポルトなど錚々たるメンバーがカトリーヌ・マラブーの編集によってフランスの代表的な学会誌「哲学雑誌」一九九〇年版に一堂に会し話題を呼んだ特筆すべきデリダ論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • パルデス潜勢力のエクリチュール
  • デリダ、師の声を聴く
  • ジャック・デリダのおかげで(ジャック・デリダに感謝)
  • ストア派の狂人
  • スィボレートあるいは"文字"について
  • デリダにおけるニーチェの作用
  • 最も純粋な私生児(行き場のない肯定)
  • 自分が話すのを聞く
  • 隠喩なき隠喩『オレステイア』三部作に関して
  • エクリチュールの試み
  • 翻訳者の註
  • 「脱」の賽を投げて
  • 暴力の経済、経済の暴力(デリダとマルクス)
  • 省略的な意味
  • 二重化
  • 歪んだ記憶
  • ハイデガーの『基礎的存在論』における「声」と「現象」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デリダと肯定の思考
著作者等 Malabou, Catherine
増田 一夫
高桑 和巳
高橋 哲哉
マラブー カトリーヌ
書名ヨミ デリダ ト コウテイ ノ シコウ
書名別名 Derida to kotei no shiko
シリーズ名 ポイエーシス叢書 47
出版元 未來社
刊行年月 2001.10
ページ数 502, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4624932471
NCID BA54080277
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想