南蛮のバテレン

松田毅一 著

本書は、近世初期に約百年間、日本で布教に従事した「南蛮のバテレン」といわれたヨーロッパ人宣教師たちの業績や足跡をいろいろの角度から考察するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 南蛮とバテレン
  • 2 最初のバテレン
  • 3 日本観の形成
  • 4 布教方針の転換
  • 5 新しい事態
  • 6 秀吉から家康へ
  • 7 追害・殉教・棄教
  • 8 バテレンと日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南蛮のバテレン
著作者等 松田 毅一
書名ヨミ ナンバン ノ バテレン
シリーズ名 松田毅一著作選集 / 松田毅一 著
出版元 朝文社
刊行年月 2001.9
版表示 新装版.
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 4886951570
NCID BA54075062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20282965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想