Zカー

片山豊, 財部誠一 著

Zカーの父・片山豊とカルロス・ゴーンの固い握手。そこから新しい歴史が始まった。ニューZが復活する。そこに込められた大きな意味とは?アメリカ日産の社長としてダットサンを輸入車ナンバーワンに育て上げた片山豊の物語は、日本人が失ったもの作りのスピリットそのものだった。そしてそのDNAは、さまざまな人に受け継がれていたのであった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 Zカー復活
  • 1章 アメリカ日産を作る
  • 2章 Zカー誕生
  • 3章 Zカークラブ
  • 4章 ダットサンが消える
  • 5章 ブランド・アイデンティティ
  • 6章 またルノーがやってきた
  • 7章 継承されていたDNA
  • 8章 ニューZ
  • 9章 夢
  • 終章 ビジョナリーであること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Zカー
著作者等 片山 豊
財部 誠一
書名ヨミ Zカー
書名別名 Zka
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2001.10
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 4334031013
NCID BA54062060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想