臨床社会心理学の進歩 : 実りあるインターフェイスをめざして

R.M.コワルスキ, M.R.リアリー 編著 ; 安藤清志, 丹野義彦 監訳

これまで臨床心理学、カウンセリング心理学が扱うとされてきた諸問題に関して、社会心理学がどのようにその理解を助けることができるのか、最新の知見に基づいて検討。学部学生、大学院生向けのテキストとしてだけでなく、この領域で行なわれている重要かつ興味深い研究を、研究者や実践家が概観できるように工夫した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会心理学と臨床心理学のインターフェイス-歴史と現状
  • 第1部 社会-認知プロセス(帰属過程-社会心理学と臨床心理学の統合
  • 日常生活の中の自己中心性と対人的問題
  • 低自尊心者の社会的比較)
  • 第2部 社会生活における自己(自己制御と精神病理
  • 恥・罪悪感・嫉妬・妬み-問題をはらむ社会的感情
  • 自尊心のソシオメーター理論
  • )
  • 第3部 対人的プロセス(言い出しがたいことを口にする-自己開示と精神的健康
  • 不適応的な印象維持)
  • 第4部 個人的関係(ソーシャル・サポートと心理的障害-社会心理学からの洞察
  • うまく機能していない関係
  • 集団はメンタルヘルスにどんな影響を与えるか:グループ・ダイナミックスと心理的幸福
  • 心理‐臨床心理学の過去・現在・未来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床社会心理学の進歩 : 実りあるインターフェイスをめざして
著作者等 Kowalski, Robin M
Leary, Mark R
丹野 義彦
安藤 清志
リアリー マーク・R.
コワルスキ ロビン・M.
書名ヨミ リンショウ シャカイ シンリガク ノ シンポ : ミノリアル インターフェイス オ メザシテ
書名別名 The social psychology of emotional and behavioral problems

Rinsho shakai shinrigaku no shinpo
出版元 北大路書房
刊行年月 2001.10
ページ数 465p
大きさ 22cm
ISBN 4762822329
NCID BA54055021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20210636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想