日本の博物図譜 : 十九世紀から現代まで

国立科学博物館 編

本書では、美しく精緻で科学的な博物図譜をとりあげ、国立科学博物館主催の「企画展・日本の博物図譜 十九世紀から現代まで」(平成十三年十月六日〜十一月十一日)の展示品である多くの博物図譜を紹介し、日本の博物図譜の系譜について解説している。博物図譜を描いた人たちにまつわるエピソードなども収録するとともに、当館所蔵の博物図譜をはじめとして、初公開の多数の図譜が含まれており、自然史科学や美術史の視点から見て大変貴重な資料となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 博物図譜と博物館(江戸時代の博物図
  • 十九世紀の博物図譜
  • 博物館図譜とその世界-博物学の終焉
  • 博物図譜でたどる二つの博物館の歴史-図版の解説にかえて ほか)
  • 第2章 日本の博物図譜-その伝統をさぐる(尾形光琳
  • 渡辺始興
  • 松平頼恭図譜の画家-三木文柳など
  • 伊藤若冲 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の博物図譜 : 十九世紀から現代まで
著作者等 国立科学博物館
書名ヨミ ニホン ノ ハクブツ ズフ : ジュウクセイキ カラ ゲンダイ マデ
シリーズ名 国立科学博物館叢書 1
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2001.10
ページ数 117p
大きさ 27cm
ISBN 4486031539
NCID BA54052941
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20207090
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想