アインシュタイン日本で相対論を語る

アルバート・アインシュタイン 著 ; 杉元賢治 編訳

1922(大正11)年11月17日のアルバート・アインシュタインの神戸到着は、日本での43日間にわたる講演旅行の始まりである。アインシュタインは日本に魅せられ、日本と日本人に恋をした。そして日本の伝統的な儀式に深く印象づけられた。アインシュタインの日本旅日記は、日本の読者にアインシュタインが日本と日本人に対していかに魅力的な印象を抱いたかを伝えるものである。幻の日記、全世界に先駆け初出版!日本滞在43日間の全記録と「講演録」完全再現。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本縦断アインシュタイン43日間の講演旅行全日程(北野丸、マルセイユ出帆
  • 日本到着!
  • 慶応大で来日初講演
  • 学士院歓迎会 ほか)
  • 完全版「相対性原理に就いて」アインスタイン博士講演録
  • アインシュタインの「日本における私の印象」(神秘の国をこの目で見たい
  • 船上で見た日本人の愛国心
  • 日本のすばらしさはどこにあるか
  • 微笑に隠された真の意味 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アインシュタイン日本で相対論を語る
著作者等 Einstein, Albert
佐藤 文隆
杉元 賢治
アインシュタイン アルバート
書名ヨミ アインシュタイン ニホン デ ソウタイロン オ カタル
出版元 講談社
刊行年月 2001.10
ページ数 158p
大きさ 27cm
ISBN 406210931X
NCID BA54044003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20246792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想