論争・東大崩壊

竹内洋, 中公新書ラクレ編集部 編

東大生の学力崩壊は本当か?東大バッシングの心理とは?東大は民営化すべき?「教養」と「知」の復権に対する東大の役割とは…。多彩な論者が「東大」と「東大生」で激突する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 学力崩壊は東大に及ぶ(学力低下で国が滅びる
  • 東大入試と東大生-東大生はどのように生まれるのか? ほか)
  • 2 「東大」は羨望の的?揶揄の対象?(教養からの逃走と教養への逃走
  • "アソビの劣等生"大学 ほか)
  • 3 知の復権に向けて(だから「知」ってなんなのさ
  • 東大教養学部「知の技法」を笑う ほか)
  • 4 解説-苦労するおぼっちゃま

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論争・東大崩壊
著作者等 中央公論新社
竹内 洋
中公新書ラクレ編集部
書名ヨミ ロンソウ トウダイ ホウカイ
シリーズ名 中公新書ラクレ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2001.10
ページ数 322p
大きさ 18cm
ISBN 4121500210
NCID BA54034520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20222491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想