ニューヨーク知識人の源流 : 1930年代の政治と文学

秋元秀紀 著

アメリカにおける最初の「知識人」-モダニズムと反スターリニズムを原点に、ヨーロッパ文化の導入に努めたニューヨーク知識人グループの創成期を、政治文芸誌『パーチザン・レヴュー』の歩みを通して描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 三〇年代から四〇年代へ
  • 第1章 一九三九年、白鳥の歌
  • 第2章 一九三七年の異端-『パーティザン・レヴュー』グループの誕生
  • 第3章 第一次『パーティザン・レヴュー』の生と死-一九三四‐一九三七
  • 第4章 第二次『パーティザン・レヴュー』の出発-「二つのM」と文化英雄たち
  • 第5章 一九三八年秋の転機-三〇年代の終焉に向けて
  • 第6章 「かくして、一九四〇年代の夜明けは訪れる…」-失われた幻想と回心
  • 補章 幻想からの回復期-グランヴィル・ヒックスの八月二二日以後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニューヨーク知識人の源流 : 1930年代の政治と文学
著作者等 秋元 秀紀
書名ヨミ ニューヨーク チシキジン ノ ゲンリュウ : 1930ネンダイ ノ セイジ ト ブンガク
出版元 彩流社
刊行年月 2001.10
ページ数 422p
大きさ 22cm
ISBN 4882027178
NCID BA54003957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20206974
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想