土質工学をかじる : 建設技術者の常識としての土質力学

平井利一 著

本書は、設計や現場での技術と土質力学の関連をごくわかりやすく解説。実務のなかで地盤、基礎構造、地下工事などにもかかわることがある一般技術者を対象としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 土圧を覗けば、土質が見える-土の力学的特殊性
  • 2章 砂と粘土は大違い-土質の構造・内部摩擦角φと粘着力
  • 3章 地盤の力の比べ方-土と杭の支持力理論
  • 4章 土と水との深い仲-土中の水理・水の影響など
  • 5章 土が縮む、地盤が沈む-土の圧縮性・圧密沈下

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土質工学をかじる : 建設技術者の常識としての土質力学
著作者等 平井 利一
書名ヨミ ドシツ コウガク オ カジル : ケンセツ ギジュツシャ ノ ジョウシキ ト シテノ ドシツ リキガク
書名別名 Doshitsu kogaku o kajiru
出版元 理工図書
刊行年月 2001.10
ページ数 186p
大きさ 26cm
ISBN 4844606654
NCID BA53979841
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想