記号主義 : 哲学の新たな構想

N.グッドマン, C.Z.エルギン 著 ; 菅野盾樹 訳

建築とは、テクストとは、絵画作品とは、デジタルという概念とは。芸術と科学などの二項対立を批判しつつ、記号主義の立場から、哲学の新たな構想を素描する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 概観(知ることと制作すること)
  • 第2部 探索(建物はいかにして意味するか
  • 解釈と同一性-作品は世界よりも長生きできるか
  • 変奏についてのさまざまな変奏-あるいはピカソからバッハに遡る
  • 見えない光景
  • 惰性と創作
  • 新奇なものに立ち向かう
  • 代表機能を再=現する)
  • 第3部 予兆(知識にとっての愚かさの有効性
  • 哲学の新たな構想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記号主義 : 哲学の新たな構想
著作者等 Elgin, Catherine Z
Goodman, Nelson
菅野 盾樹
エルギン C.Z.
グッドマン N.
書名ヨミ キゴウ シュギ : テツガク ノ アラタナ コウソウ
書名別名 Reconceptions in philosophy & other arts & sciences

Kigo shugi
出版元 みすず書房
刊行年月 2001.10
ページ数 279, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4622031000
NCID BA5396757X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想