身体論集成

市川浩 著 ; 中村雄二郎 編

「身」によって世界が分節化されるとき、「身」も世界によって分節化される。この「身分け」というユニークな概念を打ちたて、人間存在の多様な次元を「身の現象学」「身体とコスモス」「身体と芸術」の諸相において論じる。「身」という日本語を駆使して切り開いた、日本の哲学独自の達成である市川身体論の全貌に迫る決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「身」の現象学(身体の現象論
  • 身体-身の現象とその境界
  • 直接的認識と間接的認識)
  • 2 身体とコスモス(身体による世界形成
  • 身体・家・都市・宇宙
  • 方向性と超越-神話空間の成立と非神話化)
  • 3 身体と芸術(感性の拡大のために-感覚についての二章
  • 可能的世界による発見-想像から知覚へ
  • 可能的世界への回路
  • 芸術の現象学のために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体論集成
著作者等 中村 雄二郎
市川 浩
書名ヨミ シンタイロン シュウセイ
書名別名 Shintairon shusei
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.10
ページ数 385p
大きさ 15cm
ISBN 4006000642
NCID BA53967161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20213018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想