ランダムな世界を究める : 物質と生命をつなぐ物理学の世界

米沢富美子, 立花隆 著

「IT」「ヒトゲノム」は最早、日常語といえるほどの現在、いったい、科学は、技術社会は、われわれの生活と生命に何をもたらそうとしているのか。基礎科学としての物理学の世界に物質と生命、科学と技術の今と未来を、「斯界の第一人者」と「質問の名手」が探った記念碑的対話。-新世紀像が、見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 物理学との出会い
  • 第2章 新しい材料としてのアモルファス
  • 第3章 "物"の性質を追求する
  • 第4章 コンピューターが描くアモルファスの世界
  • 第5章 社会のなかの科学を語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ランダムな世界を究める : 物質と生命をつなぐ物理学の世界
著作者等 立花 隆
米沢 富美子
書名ヨミ ランダムナ セカイ オ キワメル : ブッシツ ト セイメイ オ ツナグ ブツリガク ノ セカイ
書名別名 Randamuna sekai o kiwameru
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2001.10
ページ数 294p
大きさ 16cm
ISBN 4582764096
NCID BA53962496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20226008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想