日本語史研究の課題

日本語研究会 編

[目次]

  • 古代の音韻現象-字余りと母音脱落を中心に
  • 母音連続の融合と非融合-今後の課題
  • 上代漢字文研究-「言」をめぐって
  • 明治期落語速記の表記
  • 語形変化に関する一問題-アラタシ(新)からアタラシ(新)へ
  • 『捷解新語』における「オシラル」の変容
  • 読本に見られる和語語彙造出の方法-曲亭馬琴を中心にして
  • 格機能の弛緩
  • 擬音語・擬態語の変化
  • 対馬方言書『日暮芥草』について
  • "黒猫"の言語文化史
  • 日本語研究会の記録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語史研究の課題
著作者等 日本語研究会
書名ヨミ ニホンゴシ ケンキュウ ノ カダイ
出版元 武蔵野書院
刊行年月 2001.10
ページ数 271p
大きさ 22cm
ISBN 4838601999
NCID BA53950624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20212875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想