「赤本」の世界 : 民間療法のバイブル

山崎光夫 著

富山の置き薬とおなじように、ひと昔前の日本の家庭に常備されていた『赤本』。大正十四年の上梓以来の累積発行部数は優に一千万部を超える。一衛生兵が著したこの家庭医学書は、昨今氾濫する健康本・健康雑誌がこぞって、それも著者の精神をはき違えて取り上げる民間療法のバイブルでもある。生涯衰えることのなかった著者・築田多吉の情熱を追うとともに、そこに盛られた看護法、健康術、救急手当法、不老長寿術の精髄を紹介する現代版『ミニ赤本』。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 多吉の生涯(超ベストセラー『赤本』
  • 結核に打ち克った方法 ほか)
  • 第2章 『赤本』式看護法(栄養の話
  • 芥子泥(からしどろ)の作り方と貼り方 ほか)
  • 第3章 『赤本』式健康術(梅肉エキスと卵油
  • ハブ草について ほか)
  • 第4章 『赤本』式救急手当法(救急手当-止血法の概要
  • 人工呼吸法(息を吹き返らす法) ほか)
  • 第5章 『赤本』式不老長寿術(実験不老長寿法
  • 一般長寿法について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「赤本」の世界 : 民間療法のバイブル
著作者等 山崎 光夫
書名ヨミ アカホン ノ セカイ : ミンカン リョウホウ ノ バイブル
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2001.10
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 4166602063
NCID BA53931798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想