環境問題とは何か

富山和子 著

21世紀は環境の世紀。そしてその資源は水と土-日本人は古来、急峻な厳しい地形と闘いながら、この資源を作りあげ営々と養ってきた。だが現在、足元を見れば、山村の過疎、水問題、放置された森林…山紫水明の地は「手抜き列島」と化している。著者は言う。山・川・海・米があるのも、それを守る人がいたから。その守り手の歴史と知恵を人類の生きる術として、世界に伝えていく、それなくして環境は語れない、と。「自然を守るとは農林漁業を守ること」と説く、全く新しい「環境問題の教科書」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 環境問題の量と質
  • 第1章 自然に対する思い違いをしていないか
  • 第2章 森林はなぜ大切か
  • 第3章 木を植える文化の国
  • 第4章 日本人はいつ頃から木を植えてきたか
  • 第5章 水問題を考える
  • 第6章 「持続可能な開発」とは何か-自己完結型社会
  • 第7章 環境問題を考える姿勢
  • 第8章 環境問題の終着駅、海

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境問題とは何か
著作者等 富山 和子
書名ヨミ カンキョウ モンダイ トワ ナニカ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2001.10
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4569618464
NCID BA53928308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想