芸術立国論

平田オリザ 著

日本再生のカギは芸術文化立国をめざすところにある!著者は人気劇作家・演出家として日本各地をまわり、また芸術文化行政について活発に発言する論客として知られる。精神の健康、経済再生、教育等の面から、日本人に今、いかに芸術が必要か、文化予算はどう使われるべきかを、体験とデータをもとに緻密に論証する。真に実効性ある芸術文化政策を提言する画期的なヴィジョンの書。これは芸術の観点から考えた構造改革だ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 芸術の公共性とは何か
  • 第1章 地域における芸術文化行政
  • 第2章 経済的側面から見た芸術文化行政
  • 第3章 教育と芸術文化行政
  • 第4章 文化権の確立
  • 第5章 文化行政の未来
  • 終章 芸術の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸術立国論
著作者等 平田 オリザ
書名ヨミ ゲイジュツ リッコク ロン
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2001.10
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 4087201120
NCID BA53926834
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20284748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想