成果主義と人事評価

内田研二 著

安易な人事改定が会社を滅ぼす!成果主義はなぜ危険か。どう活用すればよいのか。真に価値を生む雇用制度を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 危うい成果主義人事評価(「偉さ」の証明
  • 成果をどう評価するか
  • 経営者はなぜ成果主義にすがるのか)
  • 第2章 変貌する仕事と人事評価(自己完結する仕事
  • 気まぐれな消費社会
  • 組織を横断したチームワークと人事評価
  • 利益の奪い合いへの抵抗
  • 拡散する不安
  • リアリティを喪失した仕事)
  • 第3章 成果主義をどう活用するか(価値の発見
  • 人材への投資とリストラ
  • 人事評価とコミュニケーション
  • 人事評価と報酬のリンク
  • 成果を生む土壌)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 成果主義と人事評価
著作者等 内田 研二
書名ヨミ セイカ シュギ ト ジンジ ヒョウカ
書名別名 Seika shugi to jinji hyoka
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2001.10
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4061495747
NCID BA53925150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想