本よみの虫干し

関川夏央 著

『にごりえ』、『三四郎』、『友情』、『一本刀土俵入』、『てんやわんや』、『点と線』、『父の詫び状』など日本近代文学の名作、話題作を、できるだけ現代人の視線から離れ、時代に即して読み直した日本近代文芸思想入門。愛、個人、人生、戦争、家族、病気、貧乏、異文化接触といった近代日本の重要テーマが鮮やかに浮かび上がる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「やさしさ」と「懐旧」の発見
  • 2 「愛」というイデオロギー
  • 3 「病気」「貧乏」および「正直」ということ
  • 4 「人生」という課題
  • 5 「家族」と「家族に似たもの」をめぐる物語
  • 6 「個人」であることの不安
  • 7 激烈な異文化接触
  • 8 自分の戦争、他人の戦争
  • 9 「青年」というステイタス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本よみの虫干し
著作者等 関川 夏央
書名ヨミ ホンヨミ ノ ムシボシ : ニホン ノ キンダイ ブンガク サイドク
書名別名 日本の近代文学再読

Hon'yomi no mushiboshi
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.10
ページ数 255p
大きさ 18cm
ISBN 4004307538
NCID BA53921422
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20209512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想