音楽論 : 全訳と手引き

ヨハンネス・デ・グロケイオ 著 ; 皆川達夫, 金澤正剛, 高野紀子 監修 ; 中世ルネサンス音楽史研究会 訳

アリストテレス哲学に依拠する経験主義的な視点から中世世俗音楽の実像に迫った初めての音楽論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヨハンネス・デ・グロケイオ『音楽論』
  • 読者への手引き(グロケイオとその時代
  • 中世の音楽理論
  • 13世紀の世俗音楽
  • 13世紀の計量音楽
  • 中世カトリック教会の典礼と音楽
  • ヴェルススとヴェルシクルスの用法について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽論 : 全訳と手引き
著作者等 Grocheo, Johannes de
中世ルネサンス音楽史研究会
皆川 達夫
金沢 正剛
高野 紀子
De Grocheio Johannes
Grocheio Johannes de
デ・グロケイオ ヨハンネス
書名ヨミ オンガクロン : ゼンヤク ト テビキ
書名別名 De musica

Ongakuron
出版元 春秋社
刊行年月 2001.10
ページ数 300p
大きさ 22cm
ISBN 4393930150
NCID BA53921364
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20212820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想