運動とホルモン : 液性因子による調節と適応

井澤鉄也 編著

本書は、運動時の生体反応(呼吸・循環調節、物質代謝、体液調節、体の構造:骨格筋や骨)とホルモンの役割について解説したものである。さらに、免疫担当細胞から放出されるサイトカイン類の細胞間シグナル伝達物質としてのはたらきについても触れた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ホルモンとその作用機序
  • 2 運動ストレスとACTH分泌
  • 3 物質代謝と液性因子
  • 4 呼吸調節とホルモン
  • 5 循環調節と液性因子
  • 6 体液調節とホルモン
  • 7 体の構造(骨格筋、骨、体脂肪)とホルモン
  • 8 性ホルモンと運動
  • 9 サイトカインのはたらき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 運動とホルモン : 液性因子による調節と適応
著作者等 井澤 鉄也
井沢 鉄也
書名ヨミ ウンドウ ト ホルモン : エキセイ インシ ニ ヨル チョウセツ ト テキオウ
出版元 ナップ
刊行年月 2001.9
ページ数 252p
大きさ 21cm
ISBN 4931411231
NCID BA53888906
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20275593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想