シェイクスピアを観る

大場建治 著

祝祭のはじける『十二夜』、さまざまに変貌する『ハムレット』…気鋭の演出家や手だれの映画監督、さらには優れた役者を挑発してやまないシェイクスピア劇の世界を案内する。著者は、シェイクスピア学者にして芝居の見巧者。古今の名舞台、名場面からエリザベス朝演劇事情までを語りつくし、シェイクスピアの「新しさ」の秘密に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 それは『十二夜』ではじまった-日本のシェイクスピア(シェイクスピア・ブーム
  • 俳優座劇場の『十二夜』 ほか)
  • 第2章 ハムレットはテキストと対決する-イギリスのシェイクスピア(三波春夫の『ハムレット』
  • 『ハムレット』海を渡る ほか)
  • 第3章 『冬の夜ばなし』は腕に覚えの演出家を魅惑する-シェイクスピアという劇作家(一)(エリック・ロメールの『冬物語』
  • シェイクスピアの『冬の夜ばなし』 ほか)
  • 第4章 映画の中の三人のヘンリー五世-シェイクスピアという劇作家(二)(シェイクスピアの出発
  • ロンドンの劇場街 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェイクスピアを観る
著作者等 大場 建治
書名ヨミ シェイクスピア オ ミル
書名別名 Sheikusupia o miru
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.10
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 4004307546
NCID BA53856863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20209513
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想